スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおかみこどもの雪と雨

今日は娘と二人きりで映画を観に行ってきました^^☆

ともっちには秘密なの…今日は幼稚園の夏季預かり保育。ごめんよ。。

昨年も夏休みに1日だけ娘と二人だけのデートdayを作り、サンリオピューロランドに行ってきた。
今年はなっちの見たい映画がいっぱいだったので、
ともっちには興味なさそうなこちらの映画を選んで二人だけで行ってきたのでした^^


「おおかみこどもの雪と雨」
poster.jpg
春に見た映画館の予告で見て、私もなっちも公開をとても楽しみにしていました^^♪

主人公は大学生の女の子、花ちゃん。
恋をした男性は、人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”
二人は恋に落ち、やがて二人の“おおかみこども”を出産。
しかし突然おおかみおとこは帰らぬ人に…
花は、おおかみこども二人を必死に育てる。
人間として育てるか…おおかみとして育てるか…
どちらでも選べるようにと、山奥の民家で家族三人で暮らすことに。
活発な女の子・雪、内気な男の子・雨。
二人はどんな道を選ぶのか。。。
その時母は。。。


子供二人が我が家の子供たちの状況に似ていたこともあり、
いつも以上に感情移入してしまったワタシ…
花ちゃん、なんて立派なお母さんなんだろう!
こんなに若くて、小さな体で、子供を思う気持ちはこんなにも大きくてたくましくて。
自分の都合で子供を叱ってばかりの私は、自分が恥ずかしくなったよ。。。
花は私の理想の母親像そのもの。

子供は、こんなにも成長が早く、そして突然に母の腕から巣立って行ってしまうんだ。。。
私なんて、今が永遠に続くような…そんな錯覚さえ感じてるけど。
まだまだ子供と思っていても、子供は自分の考えを持ち、一人前になってしまうんだ。
それはさみしくて、うれしくもあって、そんな母としての気持ちを一足先に花に見せてもらったよ。
覚悟必要だな^^
私は、花みたいに…なれるかな??なりたいな。。


娘は、長女の雪ちゃんに感情移入したよう。
雪ちゃんの告白シーンが一番心に残ったとのことだった。

二人でたくさん泣いた。
悲しみの涙じゃなくて、胸がいっぱいで涙があふれてくる。
エンディングに流れる主題歌「おかあさんの唄」がまた泣かせてくれるんだこれがf^^

映像も自然がとても美しく、音楽も心地よかった。

とてもとてもいい映画だった。
いつか娘が母になる時、この映画をもう一度観て欲しい。




映画の後はランチ☆
「今日は特別!なっちの食べたいもの何でもいいよ~^^」と言うと
選んだのはお寿司。。。回転じゃないとこ。。。
しかも、カウンター席選ぶ^^;
目の前には職人さん…普段食べ慣れないこの光景に私ちょっとキンチョ―^^;
なっちは超嬉しそう^^

私と同じにぎり定食(なっちはさび抜き)を選んで食べました。
なっちはお刺身全般全て大好き^^すしネタ嫌いなものはほとんどありません。
それはそれは美味しそうにほおばって、目の前の職人さんをにこにこ笑わせてました^^

やっぱり回転寿司とは全然違うわ~
シャリは口の中でふんわりほどけて、ネタは新鮮でとろけるぅ~~幸せ~♪

平日の昼間、こんなお寿司屋さんに入ってるお客さんも少なく^^;
子供なんてなっち一人。
わからないネタを「これは何ですか?」と聞いてみたり、職人さんとお話ししたり
私の緊張もだんだんほぐれて、楽しいランチになりました^^♪

こっそり出してくれたデザート^^嬉しかった♪

またいつか行きたいな^^特別な日にね^^


その後はなっちの夏のサンダルを買って、
来月遊びに行く岩手の祖父母へのお土産を買って、
ふらふら~っとショッピングを楽しんで、早めにともっちのお迎えに行きました^^

ともっち、朝見送った時は「お母さんとずっと一緒にいたい~~」って泣きながら別れたから
なっちとのデート中にもふと泣き顔を思い出したりもして、後ろめたい気持ちもあって、
心配だったけど、お迎えに行った時には満面の笑顔^^(いつもこう^^;)

私が思っている以上に、ともっちはちゃんとやれてるんだ!!
私が見ていないところでも、大きく成長してるんだね。

今日は本当にどうもありがとう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。