スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キングダム・オブ・ヘブン』

土曜に『キングダム・オブ・ヘブン』を観ました。
リドリー・スコット監督、オーランド・ブルーム主演。
残念ながら私はあんまり入れなくてそんなに面白く観れなかった・・・。
「トロイ」よりは全然良かったけれど。

一番最初の戦闘シーンが一番好きだったかな。ちょっとスロー入れすぎか??って思っちゃったけど(ジョン・ウー監督作品よりはやり過ぎではなかった)、血の赤さとか、戦い方が侍映画っぽい?って感じで日本好きなリドリー・スコット監督らしいな~なんて思いました。
「グラディエーター」よりはこっちの方が好きだけど、やっぱり最初の盛り上がりからだんだん盛り下がっていくような感じがあったかな。。。
オーランド・ブルームはなんと言っても顔はいいし、好きな俳優さんなんだけど、何か今回の主人公になるにはちょっと弱いような・・・感じがした。決め台詞も説得力に欠けるというか・・・。
私個人としてはデヴィットト・シューリス演じるザ・ホスピタラーに惚れました・・・。彼を見てたら男に生まれてくるのもいいなって思えた。
相変わらず、監督の映画は『絵』になるようなシーンばかり。
音楽は「ブラックフォーク・ダウン」のようでした。

私は監督の作品なら「ブラックフォークダウン」が1番好きかな。
これは映画館で見に行きましたが、見終わったあと、呆然として何にも考えられないようなむなしさでいっぱいになった作品でした。主人公が若者で、彼ら若者の戦争への考え方、捉え方などが垣間見えて、今までにないような戦争映画だった気がします。これはDVD購入してます。
この映画に出てくるオーランド・ブルームはほんの少しの間だったけどとっても印象的で忘れられない。
旦那はリドリー・スコット監督作品は大好きなので、かなり気に入っていました!
Theme: DVDで見た映画 | Genre: 映画

コメント

「ブラックフォーク・ダウン」見たの?
私は少し見ただけでダメだったぁ~。
旦那がレンタルで借りてきて一人で見ていたところに私が帰ってきて「これおもしろいから後で見てみな」て言われたんだけど、その時ちらっと見たシーンで「もう、いい。。。」てなりました。
きっと、見てしまったら何日も何日も考えこんでしまうと思う。
いろんなシーンもなかなか忘れることができなかったりとか。。。
本当は戦争をちゃんと直視しなくてはいけないんだろうな。。。とは思ってるんだけど、どこかだ「嫌なものは見たくない」と思っていて、戦争映画は苦手です。

2005/12/05 (Mon) 10:16 | あいあい #- | URL | 編集

あいあいさん、おはよ~。
これから横浜へ出発しようかと思い、最後にブログチェックしてたらコメントが♪
そっか、あいあいさんは戦争映画苦手なのね。
うんうん、色々考えちゃうよね。
私も、もし一人だったらいっぱい考えてしばらくどんよりしてると思うんだ・・・でも今は旦那がいるから、話し合ってると考えがまとまってきてスッキリしてくるの。だから最近はどんな映画でもチャレンジできるようになったんだ。
今は嫌でも時間が経つといつか観てみたくなるかもしれないよ。観てみたら意外と平気だった、なんてこともあるかもしれない。年をとると(?!)考え方も変わってくるしね。
映画ってそのときの自分の状況によっても感じ方って変わってくるから同じ映画を何度観ても面白いのよね♪

2005/12/05 (Mon) 10:43 | なっちっち #MgIxvhDQ | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。