スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供と観る映画^^☆

::::::: お知らせ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 

スマホが故障してしまい、現在修理中です。
代替機が届きまして以前の電話番号とメルアドは使えるようになりました!
が、問題が1つ…SDカードに保存していたと思っていたアドレス帳や写真がカードに保存されていなくて…(>_<)
電話帳全部無くなってしまいました(T_T)
もしこのブログを見ている方で、私の電話番号やメルアドを知っている友達や知り合いの方がおられましたら、私の連絡先にご一報いただけますでしょうか(>_<)
再登録いたしますので。
どうぞよろしくお願いいたします…


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


最近、子供たちとレンタル映画を一緒に観て楽しんでいたので、今回はその感想を書こうと思います☆

小2男子と小6女子と一緒に観れる映画となると、選ぶのもなかなか難しくなります…^^;
残虐なシーンやエッチなシーン(キスシーンまではOKとするf^^)がないものを選ばないと…
私は子供の頃から大の映画好きだったので、昔の記憶を呼び起こしながら、
自分が好きだった映画で“子供に見せたい”と思えるものを選んで観せていこうと思っています^^

良い映画は心を揺さぶり、共感したり、興味を持ったり、きっと子供たちにとって
素晴らしい心の栄養になると思う^^


『アポロ13』
2015.10.13アポロ13
1995年のアメリカ映画。
アポロ13号爆発事故の実話に基づく作品です。
上映時間がやや長めの140分。
でも、小2の息子も飽きることなく、最初から最後までしっかり観ることができました^^!
私は、この映画を息子に観せたかった。
失敗を恐れて最初の一歩を踏み出せない息子に「失敗は成功のもと」を事実として伝えてみたかった
アポロ13の事故が後に「「輝かしい失敗」と呼ばれるようになったこと、
ミッションは確かに失敗でも、この失敗から得られたものはたくさんあり、
それが今の成功に繋がっているのだと言うこと、少しはわかってもらえたかな…
今はわからなくても、いつか何かあった時に思い出せたらいいなって思います^^

私はこの映画は友達と映画館で観賞、その後も何度かTVやレンタルで観ているくらい大好きな映画です。

トム・ハンクスとゲイリー・シニーズの二人を見て『フォレスト・ガンプ』も思い出した!
DVD持ってた!これもそろそろ見せてもいいかも^^

私はこの映画の中だったらエド・ハリスが一番好き^^♪
こういう指揮官役が合う^^『ザ・ロック』が見たくなった!
でも一番好きなのは『アビス(完全版)』の彼。
この映画でエド・ハリスがめちゃめちゃ好きになってしまったのだったf^^
アビスも子供に見せたかったんだけど、
日本語の声優がどうしても気に入らなくて…日本語バージョンで観るのが辛すぎたため断念><
ごめん…お母さんのわがままで…TT



『スピード』
2015.10.13スピード
1994年公開のアメリカ映画。
テロリストとSWATによる、手に汗握る攻防を描いたノンストップ・アクション☆
この映画でキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックが一躍有名になりました^^

キアヌ・リーブス、カッコいいよねっ!!って子供たちに言ったら、
「え~全然イケメンじゃないよ~」って…ええっ?!正統派のイケメンじゃない?!
これがイケメンじゃないのなら君たちにとってのイケメンってどの人を言うのさ?!^^;
ま…そんな話は置いといて…^^;

何度見てもドキドキハラハラ…子供たちも大興奮☆
私なんて叫びながら見ちゃったよ^^;

被害者もほとんど出ず(同僚を失ったのは辛いけど><)ヒーローはかっこいいし、
ヒロインも素敵^^☆
ハッピーエンドで観終わった後の爽快感がたまりません^^

ちなみに続編の『スピード2』も映画館に観に行きましたが、私は全然ダメでした…
だってキアヌ・リーブス降板しちゃってるし…TT
もう観ることはない…

キアヌ・リーブス出演の良い映画はたくさんありますね^^
『マトリックス』シリーズは大好きでDVD持ってます^^年に一回は見るかな。
最初のなんて何度見ても飽きないよ☆
『コンスタンティン』や『地球が静止する日』などのホラーっぽいのも好き^^
『マイ・プライベート・アイダホ 』『ハートブルー』も良かった

サンドラ・ブロックは今年レンタルで借りた映画で『ゼロ・グラビティ』に出演していたけど
この映画もなかなか良かった。これは映画館で観たかったな。。



『シャーロットのおくりもの』
2015.10.13シャーロットの贈り物
E.B.ホワイトの児童文学作品を映画化したもの。
納屋に住む蜘蛛のシャーロットと、子豚のウィルバー、農場の娘との友情を描いた作品。
ダコタ・ファニング演じる農場の娘ファーンのしっかりとした考え方にびっくり。
流されやすいうちの娘も、こんな風に自分の意思を持って欲しい。

子豚のウィルバーはそんなまっすぐな心を持つファーンに育てられて、
それはそれは純粋無垢な優しい心の持ち主となりました^^
そんな彼の優しさと愛情が周りを変えていき、奇跡を起こす。
奇跡はすぐ目の前に…

涙があふれますが、観終わった後はとっても心癒されあたたかな気持ちになれます^^*

この映画を観た後、
「そういえば、岩手のおじいちゃんの家の倉庫(もとは牛小屋)に
シャーロットみたいなオニグモがいたよね!
もしかしたら“特別なおじいちゃんおばあちゃん”とか“ひかえめ”とか書いてるかもよ^^!」
と言ったら子供に大ウケでした^▽^!!

小さな子供でも楽しめるとっても素敵な映画です♪


『テラビシアにかける橋』
2015.10.13テラビシアにかける橋
キャサリン・パターソンのベストセラー児童小説を映画化したもの。
いじめられっ子の少年と、おてんばな少女が、
空想の王国テラビシアを作り上げ、友情を育んでいく姿を描いています。

これはネットで調べて、評判が良さそうだったので借りてみたもの。

私は自分が子供の頃の時の気持ちを思い出しました。
あの不思議な空想世界や、無敵感…すごく懐かしく、共感できて、
映画のストーリーにどんどん引き込まれていきました!!
だからこそ最後の…最後の出来事は衝撃的過ぎて、どんだけ泣いたかわからない…
でも、そこから立ち上がる主人公を見て、私たちも元気をもらいました。
美しいテラビシア。
ラストシーンがとても印象的でした。

忘れられない映画になりました。



『フェアリーテイル』
2015.10.13フェアリーテイル
1917年に起きた“コティングリー妖精事件”をもとに、
妖精を信じる少女たちの純真な心を描いたファンタジー作品。

これは私が特別好きな映画で、DVDを購入していたものを子供たちと観賞しました。
何度見てもいい。本当によくできている映画だと思う。
脚本が素晴らしくて、演技も風景も映像も、優しい思いであふれてる。
子供の純粋な優しさと、子供を信じて守ろうとする大人の優しさ…慈愛の心が胸を打ちます。

ラスト近くの奇術師フーディーニのセリフがとても良いんです。
長いのでここでは書ききれませんが…

事実が全てではないということを教えてくれます。

こんなに素晴らしい映画に出会えたことに感謝^^*



いっぱい語っちゃったな^^;
映画のことになると夢中になりすぎてしまいますf^^

これからももっともっと、素敵な映画をたくさん観たいと思います♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。