スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

ご無沙汰いたしました。
私も、そして父も、元気です。

アルコール依存症による脱水症状と栄養失調で自宅で倒れた父。
救急車で運ばれて入院しましたが、入院4日目で肺炎発症。
意識不明の重体でしたが、抗生剤点滴が効き、意識を取り戻してからぐんぐん回復。

入院してから10日ほど経った7月初め、肺炎もほぼ完治となり、
主治医から今週中に退院するよう言われる。。

ちょ・ちょっと待って、退院って??
私、このままこの病院からアルコール専門病院へと転院を希望したはずですけど…!

と、先生に伝えると、
「転院はできません。○○さん(父)は常に“酒を飲みたい・酒を持ってきてくれ”と言ってます。
本人は断酒する意識はなく、転院を拒んでいるため、転院の手続きはできません」と。。

肺炎が良くなるなり、看護婦さんや先生にお酒を希望して困らせているそうで…
アルコール専門病院へは、退院してからご家族様が連れて行ってくださいと。。
それは迷惑そうに、できるだけ早く退院してほしいと言われました。。

実家は部屋中父の糞尿だらけで、家具類ほぼすべて廃棄処分したばかり。
父の布団や洗濯機など、日常生活に必要なものがないし、
自分の力で立ち歩くことはおろか、体を起こすこともできない父の介護をできるはずもなく…
途方に暮れた私と弟…

それから、はっと思いつき、いつも相談にのっていただいている、
父の地域のケアプラザの方に相談してみることに。

ケアプラザに向かい、事情を説明したら、親身に相談にのってくださって、
ケアプラザさんの方からも入院している病院のMSWメディカルソーシャルワーカーさんに
連絡・相談していただけることになりました。
それから、おそらく現在『要支援2』の父の介護保険はおそらく『要介護』となるだとうと予想されるので、
介護保険の区分変更を申請。


その後病院のMSWさんから連絡があり
「退院後一時的に介護付きの老人ホームに短期入所はどうですか?
その間にアルコール専門病院に行き、入院が決まるまでそこで見て頂く方法はどうですか?」と。

この連絡を受けたのは、父の退院日7月6日の前日でしたが、
翌日から入れるところを見つけて頂き、退院後そこに入所しました。

ところが…その介護付き老人ホームは、有料の施設のため、
1泊16.000円ほどかかるんです。。

すぐに次の病院に入院できればいいけど、長期ではとても払えない…><
そう…私と弟を苦しめているもう一つの問題はお金。。

私たち、父の貯金をあてにしていました。
退職金などまだ残っていると思っていたから。
でも、父がこうなって、家の中を調べたところ、父のお金はもうすっかりないことを知りました。。
何度も確認し、調べられるところまで調べましたが、もう本当にすっからかんなのです。
いったいどうしてそうなったのか?誰かに騙されたのか?あげたのか?
どこでどう使ったって言うの?!酒浸りの生活でなくなった本当になくなったの??

私も弟も自分自身の貯金から出し合い、それでも足りなくて生命保険を解約したり
親戚に頼んだり…本当につらかった。。

とにかくお金がないので、有料老人ホームに長くはいられない。
急がなきゃ!


◆7月7日(月)
娘のセカンドスクール出発日!!
残念ながら初日は雨…><7時過ぎに学校まで見送りに行った。
台風8号の影響も心配…無事元気に帰ってくるように…!!

この日に向けて色々手作りするはずだったけど、父がこんなことになっちゃって、
全然作れなくて、慌てて市販のものを買い揃えた。
ごめんね…

急いで帰宅して今度は息子を見送り、私は8時に横浜に向かって出発。
久里浜にあるアルコール専門病院へ。
いつもなら初日の検査は朝一から夕方までかかるのに、今回は今まで入院していた病院から
紹介状(検査結果)を用意していただいていたのもあり、検査が少なく、お昼前にすべて終わりました。

内臓もボロボロですが、それ以上に脳萎縮がかなり進行しているようです。。
父は、受け答えはしっかりできますが、最近の記憶ができないようです。
そして、今いる場所を自分の生まれ故郷・岩手だと本気で思い込んでいて、
自分の記憶にない昨日のことなどを、岩手の実家での作り話をして話すのです。。

アルコールによる脳障害。恐ろしい。。

入院はすぐその場で決まりました。
父の拒絶はありません。散々お医者さんに厳しい現状を伝えられた後ですからね…さすがにノーとは言えなかったのでしょう。。って言うかノーなんて言わせてなるものか…!

しかし、現在空きがなく、最短で22日入院…!
あと2週間!?そんなに長い期間介護ホーム代払えない…><!

慌てて、ケアプラザに電話相談。安いところを探してもらう。
運良く、翌日8日にショートステイで入れてもらえる特別養護老人ホームが見つかりました~!!

そこだと、介護保険が適用され1日2500円ほど。
は~~助かったぁ…と、私は思いましたが、弟が「そんなに安いところだと心配だ」と言い出したため、
見学に行くことに。

突然の訪問見学でしたが、親身に丁寧に施設内を案内していただけて、
施設設備やスタッフさんたちも大変素晴らしく、安心して翌日の入居を決めてきました!

◆7月9日(火)
有料老人ホームから、特別養護老人ホームへと引っ越しするため、父を迎えに行ったら、
スタッフの方から「昨晩は大騒ぎでしたよ~」と言われ…

実は昨日病院の検査に向かう時、父にうっかり携帯を渡してしまったんです。。
その携帯を使い、親戚・友人・知り合いという知り合いにお金を要求し、
タクシーを呼び、出前を頼み(お酒)、挙句の果て110番にまで電話して、お酒を要求してる始末…

………

ショックすぎて言葉も出ない。。なんてことしてくれたんだ…!!!
全て施設の方で対処して下さったとのこと。。
申し訳なくて申し訳なくて泣きそうだった。
当の本人はケロッと忘れてるらしい。
いや、たぶん忘れたふりをしているだけのように私には思える。。
即携帯没収。

父を車(弟がレンタカーを借りた)に乗せ、次のホームに向かう途中。
私の心の中は真っ黒いものでいっぱいだった…!!

なんなの?この人、本当に私の父なの??
かろうじて父の姿をした悪魔じゃないの??

「そんなに飲みたきゃ、飲みたいだけ飲んで勝手に死ねば」と、口から出てしまった。

弟がキレて「姉ちゃんは黙ってろよ!!」と怒鳴る。



私たち、どうなっちゃうんだろう…

無言の車内。
次のホームに到着して入居手続き&契約。
その際に今回おそらく要介護となると予想されているため、
地域のケアマネージャーさんがつくことになったため、その方との契約も同時進行。

この日は夕方から学校での委員仕事もあり、8時に横浜に向かってお昼も食べずに2時には帰宅に向かう。

毎日片道2時間の道のりを往復…
それよりなにより、父の昨晩の事件に心が折れ、心身共に疲労感でいっぱい…
父より早く私が倒れたりしてね…

◆7月10日(水)
自宅のたまった家事、買い物をする。
買い物途中に、特養ホームから電話…嫌な予感><

ベットから、自分で動こうとして転倒したらしい。。
立つこともできないのに…
とにかく買い物(酒)がしたいらしいとのこと。。
スタッフさんから、認知症フロアへ変更の話を頂き、承諾した。
見守りが厳重な認知症フロアに移動することになった。

夜、学校からの連絡網。
娘のセカンドスクール、台風接近のため帰宅を1日切り上げ、明日11日に帰ってくることになった!!
残念だけど、しょうがないね><
とにかく無事元気に帰宅できますように。


◆7月11日(木)
今日は今のところ父のことで連絡なし。
このまま心穏やかに過ごしたい…

娘ももうすぐ帰宅します!
雨が酷くなる前に到着するといいな。。


来週までには父の入院準備品を購入してまとめておかなくちゃ。
それから、介護保険の診察訪問があるので立ち合いに行く予定も。

久里浜に入院するのは今回で3度目。
入院中が一番安心。


父はもう治ることがないのかな…って思う。
昨日の記憶はわすれるけど、酒のことは忘れない。

体の中の“アルコール”という毒素はなくなることはないのだろうか。
人格まで変えてしまう恐ろしい病。
周りの家族までも感染していくようだ…私の心は真っ黒に染まったところで恐ろしいことばかり考えてる。

先の不安もいっぱい。
弟がかわいそうで仕方ないよ。。

私たち、いい方向に前進してる??
間違ってない??
正解はあるのか?道なき道を歩いてる。。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。