スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供と観る映画^^☆

::::::: お知らせ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 

スマホが故障してしまい、現在修理中です。
代替機が届きまして以前の電話番号とメルアドは使えるようになりました!
が、問題が1つ…SDカードに保存していたと思っていたアドレス帳や写真がカードに保存されていなくて…(>_<)
電話帳全部無くなってしまいました(T_T)
もしこのブログを見ている方で、私の電話番号やメルアドを知っている友達や知り合いの方がおられましたら、私の連絡先にご一報いただけますでしょうか(>_<)
再登録いたしますので。
どうぞよろしくお願いいたします…


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


最近、子供たちとレンタル映画を一緒に観て楽しんでいたので、今回はその感想を書こうと思います☆

小2男子と小6女子と一緒に観れる映画となると、選ぶのもなかなか難しくなります…^^;
残虐なシーンやエッチなシーン(キスシーンまではOKとするf^^)がないものを選ばないと…
私は子供の頃から大の映画好きだったので、昔の記憶を呼び起こしながら、
自分が好きだった映画で“子供に見せたい”と思えるものを選んで観せていこうと思っています^^

良い映画は心を揺さぶり、共感したり、興味を持ったり、きっと子供たちにとって
素晴らしい心の栄養になると思う^^


『アポロ13』
2015.10.13アポロ13
1995年のアメリカ映画。
アポロ13号爆発事故の実話に基づく作品です。
上映時間がやや長めの140分。
でも、小2の息子も飽きることなく、最初から最後までしっかり観ることができました^^!
私は、この映画を息子に観せたかった。
失敗を恐れて最初の一歩を踏み出せない息子に「失敗は成功のもと」を事実として伝えてみたかった
アポロ13の事故が後に「「輝かしい失敗」と呼ばれるようになったこと、
ミッションは確かに失敗でも、この失敗から得られたものはたくさんあり、
それが今の成功に繋がっているのだと言うこと、少しはわかってもらえたかな…
今はわからなくても、いつか何かあった時に思い出せたらいいなって思います^^

私はこの映画は友達と映画館で観賞、その後も何度かTVやレンタルで観ているくらい大好きな映画です。

トム・ハンクスとゲイリー・シニーズの二人を見て『フォレスト・ガンプ』も思い出した!
DVD持ってた!これもそろそろ見せてもいいかも^^

私はこの映画の中だったらエド・ハリスが一番好き^^♪
こういう指揮官役が合う^^『ザ・ロック』が見たくなった!
でも一番好きなのは『アビス(完全版)』の彼。
この映画でエド・ハリスがめちゃめちゃ好きになってしまったのだったf^^
アビスも子供に見せたかったんだけど、
日本語の声優がどうしても気に入らなくて…日本語バージョンで観るのが辛すぎたため断念><
ごめん…お母さんのわがままで…TT



『スピード』
2015.10.13スピード
1994年公開のアメリカ映画。
テロリストとSWATによる、手に汗握る攻防を描いたノンストップ・アクション☆
この映画でキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックが一躍有名になりました^^

キアヌ・リーブス、カッコいいよねっ!!って子供たちに言ったら、
「え~全然イケメンじゃないよ~」って…ええっ?!正統派のイケメンじゃない?!
これがイケメンじゃないのなら君たちにとってのイケメンってどの人を言うのさ?!^^;
ま…そんな話は置いといて…^^;

何度見てもドキドキハラハラ…子供たちも大興奮☆
私なんて叫びながら見ちゃったよ^^;

被害者もほとんど出ず(同僚を失ったのは辛いけど><)ヒーローはかっこいいし、
ヒロインも素敵^^☆
ハッピーエンドで観終わった後の爽快感がたまりません^^

ちなみに続編の『スピード2』も映画館に観に行きましたが、私は全然ダメでした…
だってキアヌ・リーブス降板しちゃってるし…TT
もう観ることはない…

キアヌ・リーブス出演の良い映画はたくさんありますね^^
『マトリックス』シリーズは大好きでDVD持ってます^^年に一回は見るかな。
最初のなんて何度見ても飽きないよ☆
『コンスタンティン』や『地球が静止する日』などのホラーっぽいのも好き^^
『マイ・プライベート・アイダホ 』『ハートブルー』も良かった

サンドラ・ブロックは今年レンタルで借りた映画で『ゼロ・グラビティ』に出演していたけど
この映画もなかなか良かった。これは映画館で観たかったな。。



『シャーロットのおくりもの』
2015.10.13シャーロットの贈り物
E.B.ホワイトの児童文学作品を映画化したもの。
納屋に住む蜘蛛のシャーロットと、子豚のウィルバー、農場の娘との友情を描いた作品。
ダコタ・ファニング演じる農場の娘ファーンのしっかりとした考え方にびっくり。
流されやすいうちの娘も、こんな風に自分の意思を持って欲しい。

子豚のウィルバーはそんなまっすぐな心を持つファーンに育てられて、
それはそれは純粋無垢な優しい心の持ち主となりました^^
そんな彼の優しさと愛情が周りを変えていき、奇跡を起こす。
奇跡はすぐ目の前に…

涙があふれますが、観終わった後はとっても心癒されあたたかな気持ちになれます^^*

この映画を観た後、
「そういえば、岩手のおじいちゃんの家の倉庫(もとは牛小屋)に
シャーロットみたいなオニグモがいたよね!
もしかしたら“特別なおじいちゃんおばあちゃん”とか“ひかえめ”とか書いてるかもよ^^!」
と言ったら子供に大ウケでした^▽^!!

小さな子供でも楽しめるとっても素敵な映画です♪


『テラビシアにかける橋』
2015.10.13テラビシアにかける橋
キャサリン・パターソンのベストセラー児童小説を映画化したもの。
いじめられっ子の少年と、おてんばな少女が、
空想の王国テラビシアを作り上げ、友情を育んでいく姿を描いています。

これはネットで調べて、評判が良さそうだったので借りてみたもの。

私は自分が子供の頃の時の気持ちを思い出しました。
あの不思議な空想世界や、無敵感…すごく懐かしく、共感できて、
映画のストーリーにどんどん引き込まれていきました!!
だからこそ最後の…最後の出来事は衝撃的過ぎて、どんだけ泣いたかわからない…
でも、そこから立ち上がる主人公を見て、私たちも元気をもらいました。
美しいテラビシア。
ラストシーンがとても印象的でした。

忘れられない映画になりました。



『フェアリーテイル』
2015.10.13フェアリーテイル
1917年に起きた“コティングリー妖精事件”をもとに、
妖精を信じる少女たちの純真な心を描いたファンタジー作品。

これは私が特別好きな映画で、DVDを購入していたものを子供たちと観賞しました。
何度見てもいい。本当によくできている映画だと思う。
脚本が素晴らしくて、演技も風景も映像も、優しい思いであふれてる。
子供の純粋な優しさと、子供を信じて守ろうとする大人の優しさ…慈愛の心が胸を打ちます。

ラスト近くの奇術師フーディーニのセリフがとても良いんです。
長いのでここでは書ききれませんが…

事実が全てではないということを教えてくれます。

こんなに素晴らしい映画に出会えたことに感謝^^*



いっぱい語っちゃったな^^;
映画のことになると夢中になりすぎてしまいますf^^

これからももっともっと、素敵な映画をたくさん観たいと思います♪
スポンサーサイト

夏休み映画鑑賞 パートⅡ ☆ おうちでレンタルDVD

手足口病だった子供たち二人。
今日やっと回復の兆し!!

発症から11日目の息子、手足口元の水疱が酷かったのですが、一昨日から乾き始め
今日は水疱全て乾ききりました!
発症から8日目の娘、喉の水疱が長引きましたが、昨晩喉を見たら水疱が消え、
今朝、喉の痛みが全くなくなったとのこと!
あとは足に2つだけ小さな水疱らしきものがあっただけで、それも乾いているので、
とりあえずこれで人に移す心配が激減しました!!

先生の話によると、10日前後で症状は良くなり、普通に生活できるが、
一か月ほど便の中にウイルスが排出される…とのこと。
手洗いを励行しながら、とりあえず外出はできそうだ^^あ~良かった良かった^^

夏休みの一番のお楽しみは、来週8日から出発予定の毎年恒例岩手への旅^^
それまで…どうかもう何事もなく過ごせますよう…
こちらの旅のことはまた今度詳しく^^☆


さてさて、引き続き、自宅療養中に子供たちと一緒に観た映画鑑賞の記録をします^^☆



『ホビット 思いがけない冒険』  ☆☆☆☆(5点満点☆4つ)
ホビット
あらすじなどはコチラにて…




し・知らなかった…これも三部作だったなんて…
と、衝撃の事実にとっても驚いたのだった^^;
確か『ロード・オブ・ザ・リング』の第一部を観た時も、まさか続きがあるとは思ってなくて
映画館で夫と目を丸くしたものだったが、今回も同じように驚かされるとは…^^;
(もうちょっと調べてから行けってね^^;)

『ロード・オブ・ザ・リング』は大好きな大好きな映画で、3部作とも我が家のDVDコレクションの中にあり、
1年に一度は観ちゃう^^
ちなみに私はアラゴルン派

そんな大好きな映画がまた観られる♪わけで、公開当時もとても気になっていたものの、観にいけなかった。
レンタル化して、7泊になるのを待ちf^^やっと借りてきたのでした^^

『ロード・オブ・ザ・リング』の世界観をそのままに、大変美しい風景と、
飽きさせないストーリーで、170分もあっという間!
面白かった☆やっぱり好き

ただ今回は、旅の仲間がドワーフたちで、ちょっと…素敵さに欠ける…かな??
物語が進むにつれて、王さまが段々いい男に見えてきて、好きになってきたけど
それでもちょっとロード・オブ・ザ・リングの旅の仲間に比べたら、華が足りない気がして。。
ちょっとトキメキ度が少なかったので、マイナス☆1^^

続編が楽しみです♪



『クロエ・グレース・モレッツ  ジャックと天空の巨人』  (☆無し
ジャックと天空の巨人
あらすじなどはコチラにて…




し・知らなかった「ジャックと天空の巨人」って同じタイトルのが二つあるのね!

私が観たかったのはもう一つの「ジャックと天空の巨人」の方だったんだけど、

準新作コーナーに置いてあったこのタイトルだけ見てパッと借りてしまった><

こ・これはいったい…酷い…酷過ぎる…B級映画じゃないか><!
サブタイトル的にあるクロエ・グレース・モレッツちゃんが、可愛いだけの映画であった。。

私の中で最悪な映画トップテン入りする映画になることだろう。。。
でも子供たちには意外とうけていて^^;
ジャックと豆の木の話を知らないともっちには、
魔法の豆の木が伸びていくところとかすっごくワクワクしたらしい。
なっちもつまんないジョークに良く笑って観ていた^^;
大人はただただ寒くて痛くて観ているのが辛かった…



『ベストキッド』  ☆☆☆☆☆(5点満点☆5つ☆)
ベストキッド
あらすじなどコチラにて…

久々のジャッキー映画♪
先日旦那と子供たちも観れそうな映画のことで話していて、ジャッキー・チェンの映画の話が出た。
それで、旦那のおススメの『プロジェクトA』を借りることにしたんだけど、
ふと近くにこの映画も置いてあって、思わずこちらも借りてしまったのだった^^

今回のジャッキー・チェン&ウィル・スミスの息子ジェイデン・スミス主演の映画『ベストキッド』は
1984年に製作されたアメリカ映画、同タイトルのリメイク版。
私は昔のこのベストキッドが大好きだった!!
今でもかなりしっかりと内容や登場人物を覚えているくらい印象深い映画でした。

ウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスくんが出演する映画は今回初めて観ましたが、
小柄な体型で、とっても可愛らしい^^*
痛そうな演技(本当に痛いのかもね^^;)や、悔し涙の表情とか、なんだか母性本能をくすぐられるぅ!!
今回のカンフーもとても素晴らしかった!!ダンスも得意だしものすごい素質を持っているのだろうけど、
ここまでできるようになるには、小さな体で相当な練習をしたんだろうな…って思って、胸が熱くなりました。

お年を召して、今回ちょっと落ちぶれた感じの師匠役をしたジャッキー・チェンも、
とっても素敵かっこいいかっこいい昔も好きだったけど、今のジャッキーも魅力的私は今の方が好きかも^^(私は年配好きであります^^;小学生の時、初めて好きになった芸能人は天知茂さんですから^^この件に関してはまたいつか改めて^^)

そんな魅力的な二人が主演の、大好きな物語なので、全くハズレ無し!!
ラストのいじわるっ子との大会での勝負もハラハラ・ドキドキ!!
子供たちと大盛りで観ました!!
6歳の子供(あっ!ともっち先日誕生日でした!^^)でも十分理解できます!!
ぜひとも子供たちに観て欲しい映画!
努力することの素晴らしさ、諦めない勇気、相手を思いやる誠実さや優しさ。
子供に伝えたい大切なことをこの映画で学ぶことができます^^
おススメのファミリー向け映画です^^




『プロジェクトA』  ☆☆☆☆(5点満点☆4つ)
プロジェクトA
あらすじなどはコチラにて…

ジャッキー若い!若いジャッキー久しぶりだよ^^
旦那おススメのジャッキー映画。
この映画は私もだいぶ昔に観たものなので、ストーリーなどほっとんど覚えてなかった。

おお~~映像が、背景が、時代を感じるぅ…f^^

面白かった☆面白かったけど…
なんだろう…先にベストキッド観ちゃったのがまずかった?!^^;
ちょっとストーリー的な面白さには欠ける感じ…?
期待し過ぎてたかな??

確かに若いジャッキーの重力を感じない身軽な動きにはため息もので、
子供にも伝わる笑いの間もたまんないし^^
見どころたっぷりなんだけど。

やっぱりその当時の新鮮な面白さが、伝わらなくなっちゃったからかな?
他の映画もたくさん観てきちゃった今の私には「新鮮」より「古い」映画として写ってしまったのが残念過ぎた…

内容は子供たちにはまだ難しいようだったけど、
動きや冗談だけで十分に笑えて楽しめた^^懐かしかった^^

他にもジャッキー・チェンの映画が観たくなったよ☆




映画は楽しいな~♪

旦那はスターウォーズ・シリーズ第一作エピソードⅣ・Ⅴ・Ⅵのデジタルリマスター版を先日買ってきて
またハマっています^^熱く語っております!!

私は一緒に観れなかったので、子供たちと一緒に昼間観るつもりです^^
そちらの感想もまた今度☆
Theme: 映画感想 | Genre: 映画

映画鑑賞☆ お家でレンタルDVD ☆ 大人編

お次は大人編です^^



『007 スカイフォール』  ☆☆☆☆(5点満点☆4つ)
007スカイフォール
あらすじなどはコチラにて…

ダニエル・クレイグのファンの私は^^彼のシリーズは全部観ています♪
今回は…んん??今までにない感じの…ちょっとイレギュラーな内容になっている気がします。。
これではボンドガールはMみたいじゃない^^;??!
ボンドガール(セヴリン)との絡みシーンもほとんどなく…お楽しみ(!)が少ないのが残念…^^;

今回は“古きよき時代の伝統”を強調した感じになっていたかな。
それもあって、ちょっと物足りない感じもあった。。

前半のアクションシーンは最高!☆
ここだけでも観てよかったと思える^^

今回の敵はMへの復讐心に燃える男…シルヴァ(ハビエル・バルデム)
低音な声が素敵^^♪どこかで聞いた…どこかで見たと思って記憶をたぐったら
ノーカントリー』の殺人鬼だ!!
『海を飛ぶ夢』も観たことある。ブログには記録してないけど(あまりにショック過ぎて)

面白かったけど、ちょっと物足りなかったので☆4つ。



『惑星ソラリス』  ☆☆☆☆☆(5点満点☆5つ☆)
惑星ソラリス
あらすじなどはコチラにて…

若かりし頃に観たことあったけど、ほとんど覚えてない映画…おそらく寝た^^;
たまたまレンタル屋さんの発掘良品コーナーに置いてあり、私の興味をひいたので借りてきた。
一昨日の晩11時頃から観はじめて、2時まで観た。全く寝ることなく、夢中になった!

この映画をどんな風に読みとったらいいのだろう…
映画を観終わってからも布団の中で悶々として全然眠れず、昨日も一日「惑星ソラリス」のことを考える。

私なりに出た答えはこう。

惑星ソラリスの知的生命体。彼らは地球人(ソラリスの調査のために派遣された科学者)に好意的な知的好奇心を持っていて、地球人との交流を図ろうとする。
彼ら知的生命体(ソラリスの海)は、地球人とのコンタクトを取るために、
科学者たちの潜在意識を物質化した(彼らは直接地球人とコンタクトすることはできない)

主人公の前には、自殺した奥さんが現れた。
彼はその偽物である奥さんを愛し、愛されるが、偽物の奥さんであるソラリス生命体は、
おそらく自分では彼を満たしてあげることのできない何かを感じとり始め、
奥さんの姿で「偽物は嫌だ。本当の人間になりたい。」と訴え、何度も自殺を繰り返す(彼らは不死身であり蘇生する)
そうこうしているうちに、主人公が体調不良で倒れる。

その際の夢の中で、自分の故郷、自宅で、若い頃の彼の母親(おそらく本物は愛情が薄い母親だったのだと思う)が、
とても優しく彼に接し、彼は母の愛情を感じた。

夢から覚めると、奥さんの姿はなかった(他の科学者たちに自ら頼んで、ソラリスの海に破壊する(?)光線を打ち込ませた)

その後ソラリスの海に変化が起こる。
海の中に島ができた。

ラスト、主人公がその島へと降り立つ。
その島は、彼の故郷そのもの。
家の窓から中を覗くと、父の姿(家の中で雨が降っているため濡れている)
父は息子に気付くと笑顔で玄関から息子を迎え入れる…
主人公は父親にひざまづき、抱きつくシーンで終わります。

ソラリスは、主人公の心の中の本当に愛されたいと思う人の形に姿を変え、
彼とまたコンタクトを取ろうとしたのだと思う。
ソラリスの海は彼を知りたくて、愛したくて、愛されたいんだなって思った。


主人公はそのソラリス生命体のあたたかさ、純粋な美しさを知り、彼らにひざまづいたのではないかな…


…と、私はそう解釈しました。


夫に話すと、まぁ少し違う部分はあったけど、根本的なところは同じような解釈だった。

この映画の感想・レヴューをネットで見て見ると、人それぞれ解釈の仕方がだいぶ違うので
それもまた面白かった。
色んな見方・解釈ができると思う。

今の私にはこの映画がとても胸に響いたので、ぜひ原作も読んでみたい…とも思うんだけど、
この映画でさえ私が生まれる前のものなのに、原作なんて更にその前…
私にその時代のものを読み取る力があるだろうか…^^;?


すごく考えさせられた。
こうして、考えたものを文章にしてまとめたら、もやもやしていたものがスッキリ!
今夜はぐっすり眠れそう^^

Theme: 映画感想 | Genre: 映画

夏休み映画鑑賞☆ おうちでレンタルDVD

引き続き手足口病の子供たち二人と自宅療養中の我が家です^^;

ともっちは喉の痛みは消えたようで、なんでも食べれるようになりすっかり元気ですが、
手足と口の周りの水疱が酷くて、外出はできない感じです…^^;

ともっち発症の4日後に発症したなっちは、熱は2日で下がりましたが、
現在喉に出現した白い水疱で、食欲減退…><
つばを飲み込むだけで小さな悲鳴を上げています…相当痛いみたいです。。
鎮痛剤を飲みながら過ごしています。

そんな中、私は子供たちを留守番させて^^;
パパっと自転車で買い物行ったり、DVDをレンタルしに行ったり。。

お家のランチ時にはみんなで映画鑑賞☆
毎日1本~2本は映画を観ています^^

更に私は夜子供たちを寝せた後にも、自分用に借りた映画を観て過ごすことも…^^
夏休みに子供と家にこもりっぱなしのストレスは、映画の中にショートトリップして現実逃避f^^
こんな時間も必要なのです~f^^

そんな我が家の映画鑑賞の記録☆残しておきます^^!


まずは、子供と観た映画から☆


『あらしのよるに』  ☆☆☆☆(5点満点☆4つ)
あらしのよるに
あらすじはコチラにて…

昨年の夏休みの読書用に、うちの娘に購入した木村裕一さんの「あらしのよるに 全7巻」
私も読んで大泣き><。今も時々娘の本棚から取り出しては読んでは泣いてるTT大好きな本。
原作がとっても好きだから、映画を観るのが少し怖かった。
でもレンタル屋さんに行く度気になって気になって…^^;今回思い切って借りてみました。

メイの姿と声が想像していたものとだいぶ違ったので、ちょっとだけショック。。可愛過ぎ^^??
ストーリーはほぼ原作通りで良かったです^^

川に飛び込むシーン・雪山の洞穴シーン・エンディング…熱いものがこみ上げてきます。

メイ「わたし、ガブと であって しあわせだと おもってるんです。
   いのちを かけても いいと おもえる ともだちに であえて」

ガブ「そ、そんな ふうに おもって くれる ともだちが いるなんて
   おいらの ほうこそ しあわせでやんす。」

こんな二匹の…食べられる側のヤギと食べる側のオオカミの友情の物語。
二匹の気持ちがとてもわかりやすく、大人も子供も同じ気持ちで観ることができます^^

私は原作の方がより一層胸に響きましたが、映画も良かった!
子供たちには映画の方がおススメかな。
映画が気に入ったらぜひ原作を☆



『ねずみの騎士デスぺローの物語』  ☆(5点満点☆1つ)
ねずみの騎士デスぺローの物語
あらすじはコチラにて…

準新作で置いてあって絵が可愛かったので借りてみました。



ビックリするぐらい面白くなかった…
いったい何が伝えたかったのか…酷過ぎる…

子供たちは普通に面白かったようですが^^;
感想を聞いてみると
「最後みんな仲良くなれてよかった」って。そ・そうだね…^^
ハッピーエンドで、ほんの少し気持ちを明るくしてくれたので☆1つ。

今年のワーストワンかな…

調べたら日本では劇場公開されていないそうです。納得。。



『夜のとばりの物語』  ☆☆☆☆☆(5点満点☆5つ☆)
夜のとばりの物語
あらすじはコチラにて…

この映画は、映画劇場公開時に、夫がネットで見つけて、ぜひ子供たちに見せたい!と言ったもの。
私もネットで予告を観てとても見に行きたかったけど、単館もの…
一番近いところは新宿で、子連れで行くのは不安があったので諦めた映画。
ふと気付くとレンタル屋さんに並んでいたので借りました!

これ、好き^^!!!!!すごく良かった♪
6つの短編作品になります。どのお話も愛をテーマにしたもの。
大変美しい影絵アニメーション。一度見たら忘れられないものになると思います。

娘のお気に入りは『ティ・ジャンと瓜二つ姫』
素直で心優しい若者が勝者になる、わかりやすいお話^^

私のお気に入りは『鹿になった娘と建築家の息子』
エンディングでのオチも心温まるものだった^^

美しいアニメーションも、美しい愛のお話もとても素敵でした♪
お子さまから大人まで楽しめる映画☆おススメです^^



『ガリバー旅行記』  ☆☆☆☆☆(5点満点☆5つ☆)
ガリバー旅行記
あらすじはコチラにて…

実は私、ジャック・ブラックが大好き^^♪
あまりコメディは好みじゃないんだけど、彼の出てる映画は好きなのです^^
彼が出てるだけで笑えます^^

そんなジャック・ブラック主演映画なので、映画公開時にも行きたくて行くたくてたまらなかったけど
子供たちは乗り気でなく…TT 映画鑑賞は諦めたもの。
レンタルで借りて、家族4人で観ました^^

やっぱりジャック・ブラックが最っ高!!!^^あ~~笑った笑った^^!!
彼はハチャメチャでとにかくとっても楽しそうに演技しているので、それが観ていてとても可笑しかった^^
この映画は、ストーリーがどうとかじゃなくて…おそらくジャック・ブラックが好きか嫌いかで
好みが分かれる映画でしょうね^^;

なので、私や旦那には超ハマったこの映画ですが、おススメはできないかも^^;


ちなみに家で購入してあるお気に入りのジャック・ブラック出演映画は
『スクール・オブ・ロック』
これが好きで好きで^^年に何回か観たくなります^^



最後に、今月16日に私の実家に帰省した際に地元の映画館で観てきた映画☆


『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』
ポケットモンスター・神速のゲノセクト

え~っと映画館で途中で寝てしまった私なので^^;点数付けられません^^;って言うか私興味がなさすぎ…^^;
子供たちはこの夏の映画で一番楽しみにしていたもの。
面白かった☆と、とっても喜んでいました^^



まずは子供たちと観たファミリー向け映画の感想はこんな感じ^^

お次は大人物♪映画の感想いきますよーー!!

Theme: 映画感想 | Genre: 映画

リンカーン

GW全て仕事だった夫、休み明けの今日から三日間お休みになりました^^
今日は夫婦二人で映画を観てきました☆
公開前から気になっていた映画。
やっぱり巨匠の映画は外せない^^

『リンカーン』   監督:スティーヴン・スピルバーグ
2013.5.8映画リンカーン
☆☆☆☆ 星4つかな^^

歴史に詳しくない私なので^^;間違った解釈とかもあるかもです^^;
そんな私でも、リンカーン大統領とは「奴隷解放宣言」で黒人奴隷を自由にした歴史上の偉人であるということまでは知っていました^^;当たり前か^^;

その時代のこと、奴隷解放に向けてのドラマ、リンカーンとはどんな人だったのか、この映画を観て勉強になりました。

私が驚いたのは、リンカーン大統領って、黒人の味方ってわけじゃなかったんだな~ってこと^^;
「黒人奴隷を自由にした人」のイメージから、私は勝手にそう思っていた^^;
ただ、南北戦争に勝利して終わらせたかったからだったということ、
この時代、人種差別とか人権問題とかじゃなくて、黒人奴隷は経済問題だったということを知りました^^;

奴隷制度廃止のための憲法修正案に必要な票を獲得するための議会工作を行い、
この映画の一番の見せ場であるクライマックスの投票シーンは、私の心臓もドキドキと高鳴り
本当に緊張の瞬間でした!結果が分かっていても不安でした^^;ははは

夫の感想は、リンカーン大統領はもっと偉大な考えを持った人であったはずなのに、この映画の背景には家族愛がメインに描かれ過ぎていて、なんだか小者感になってしまったのがとても残念だ…って^^;

確かに、言われてみればそうだね。
でも、だからこそ大統領と言う雲の上にいる人が、自分と同じように家族を持ち、家族を愛しそして苦しみ、
そういった大統領の家族があったこと、それを知ることでとても身近に感じて、
映画の中で大統領を心から応援できた。

リンカーン大統領が国民からとても愛されていたということが私も少し分かった気がしたよ。


重い十字架を背負い、戦争終結のために戦う大統領。
私がとても印象に残ったのは、暗殺されベットに横たわるシーンが、
まるで絵画でみたキリストの姿そのものだったこと…!すごく衝撃を受けた!

短すぎる生涯だったけど、彼がやるべきこと為すべきことは全うしたんだよね。

そして今も彼が成し遂げたことや素晴らしい言葉が息づいてる。たくさんの人の中に。
改めてすごいなって思う。

一票の重みも感じることができた。

私の人生、この映画を観たことで少し変わると思います。





夫婦で観る映画ってやっぱりいいな^^*
感想を存分に言い合えるのが気持ちいい…!
感じ方の違いも面白いし^^

私はソーイングにハマる前までは映画一筋でした^^
そんな映画趣味がきっかけで今の主人と知り合ったわけなのでした^^*

次に観たいのは
「ヒッチコック」!アンソニー・ホプキンスが見た目すごすぎ!!
「華麗なるギャツビー」!バズ・ラーマン監督作品好き^^♪
うまく休みが取れたら、また一緒に見に行きたいなって思います^^
Theme: 映画感想 | Genre: 映画

オズ はじまりの戦い

子供たちと一緒に観に行ってきました!


『オズ はじまりの戦い』
2013.3.26オズ
☆☆☆☆☆星5つ!!(5点満点)!!

3Dで鑑賞しました!あーーー面白かった^^!!!素晴らしい^^!!!
久々にテンション上がりまくり^^最初っから最後まで最高に面白かったです^^!

なんといっても3D映像の素晴らしいこと美しいこと!!
今までの3D映画とは全く違う印象を受けました!

実は私は今まで3D映画って好きじゃなかった。
ちょっと飛び出してくるくらいの、子供だましって印象で、
ストーリーを真剣に楽しめなくなるような気さえしてた。

でも今回のオズの3Dは今まで観てきたものとは全く違う!
飛び出してくるんじゃなくて、奥行きがすごいの!
スクリーンの枠の中から、オズの広大な世界が広がっている!!
本当のオズの世界がスクリーンの奥にあるんだよっ!!もうこの感動と言ったら!!

オープニング映像も大変素晴らしく、3Dをなめていた私はここですでにかなり度肝を抜かれてしまった^^;

9歳娘と5歳息子と観ましたが、小さな子供にも十分理解できるお話です^^*
子供たちも大興奮していました!

観終わった後、息子が「お母さん、泣いた?」と聞くので、
母「うん、最後のところで泣いちゃった。ともっちは?」
息子「ぼくね、かなしいわけじゃないし、うれしいわけじゃないのに、なんだか涙がでちゃったんだよ。なんか変だよね」って^^!
それを聞いて私はとっても嬉しかった!!
変なことじゃないよ!感動して胸がいっぱいになると涙があふれるんだよって教えた。

5歳のともっちには、まだ気持ちを言葉にすることができないけど、
その小さな胸が震えるほど感動を感じたんだね。
そんな映画に出会えたことに感謝感激で、また泣きそうになったよ私はf^^

何年かぶりにパンフレットまで購入^^感動の記念に^^

観終わった後にランチを食べながらたくさん映画の話をした。
9歳娘はオズ(主人公の名前)が何人の女の人とキスをしたかってことにやや興奮気味^^
「お母さん、オズは4人の女の人にキスしてたよね!?あれ?そういえば、東の魔女はどうしてオルゴールを持っていたのかな?」って。
母「そのシーンは出ていないけど、みんながみてないところでこっそりキスしてたんじゃない?」と言うと
納得して^^5人もキスしたなんてっ!と怒っていた^^ははははは
母「なっちはそういう男の人どう?」って言ったら「私はイヤ!」って^^そりゃそうだよね^^
母「ともっち~そんな男の人になっちゃダメだよ~!好きな女の子は一人だけだよ」って言ってみたりして^^


それからパンフレットを見ながら、どの魔女が好き??って話になり
息子「ぼくは南の魔女が好き!」
娘「私は西の魔女が一番きれいだと思う!」
母「お母さんは、東の魔女が一番美人だと思ったな~」
と意見が分かれました^^面白いな~^^

西の魔女は一番かわいそうだったな。
信じていた人たちに騙されて…あんな風になったのもオズ!お前のせいでもあるのだ!!

最後の戦いでの気球作戦は、大人ならばバレバレの話ですが^^
子供たちはね~、まんまと騙されてますから^^そうとう驚いた様子^^面白いな~^^


キャスティングもとても良かったと思う。
けど、南の魔女(良い魔女)の美しさに嫉妬する東の魔女(邪悪な魔女)の方が美しいと私は思うんだけど、どうだろう??f^^
そこちょっと気になった^^;

でも南の魔女の心のある素晴らしい言葉は、彼女でなければ伝わらなかったように思う。
オズを信じて励ます言葉。とてもとても心に残った。

邪悪な魔女を演じているのはレイチェル・ワイズ!
ずいぶん印象変わった!パンフレット見るまで気付かなかった!
ナイロビの蜂が好きだったのだけれど、あの頃の彼女と比べたら…そうね歳をとったのね…^^;
美しく歳を重ねていて、これからの彼女にも注目したいな^^

かわいそうな西の魔女演じるのはミラ・ニクス。
ん~?最近どこかで見た感じ…と思ってたら、昨年映画を観に行った「ブラック・スワン」での
ナタリーのライバル役!!眼力がすごい!目が離せない!

主人公のオズ。
彼は初めて見た印象。調べてみたら私が見たことのある彼の主演映画はスパイダーマンくらいかな。
それも全然印象にないんだけど^^;
今回の映画ではやや自己中な女たらしのペテン師っぷりが合ってたし、
その奥に善良な心を持っていることも漂わせててとても良かったと思う^^


3D映像の美しさと、あたたかいストーリーで、観た後とても元気になれる!そんな映画でした^^
これはぜひ映画館で観たい映画です☆絶対3Dで!!!超おススメです^^!
Theme: 映画感想 | Genre: 映画

おおかみこどもの雪と雨

今日は娘と二人きりで映画を観に行ってきました^^☆

ともっちには秘密なの…今日は幼稚園の夏季預かり保育。ごめんよ。。

昨年も夏休みに1日だけ娘と二人だけのデートdayを作り、サンリオピューロランドに行ってきた。
今年はなっちの見たい映画がいっぱいだったので、
ともっちには興味なさそうなこちらの映画を選んで二人だけで行ってきたのでした^^


「おおかみこどもの雪と雨」
poster.jpg
春に見た映画館の予告で見て、私もなっちも公開をとても楽しみにしていました^^♪

主人公は大学生の女の子、花ちゃん。
恋をした男性は、人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”
二人は恋に落ち、やがて二人の“おおかみこども”を出産。
しかし突然おおかみおとこは帰らぬ人に…
花は、おおかみこども二人を必死に育てる。
人間として育てるか…おおかみとして育てるか…
どちらでも選べるようにと、山奥の民家で家族三人で暮らすことに。
活発な女の子・雪、内気な男の子・雨。
二人はどんな道を選ぶのか。。。
その時母は。。。


子供二人が我が家の子供たちの状況に似ていたこともあり、
いつも以上に感情移入してしまったワタシ…
花ちゃん、なんて立派なお母さんなんだろう!
こんなに若くて、小さな体で、子供を思う気持ちはこんなにも大きくてたくましくて。
自分の都合で子供を叱ってばかりの私は、自分が恥ずかしくなったよ。。。
花は私の理想の母親像そのもの。

子供は、こんなにも成長が早く、そして突然に母の腕から巣立って行ってしまうんだ。。。
私なんて、今が永遠に続くような…そんな錯覚さえ感じてるけど。
まだまだ子供と思っていても、子供は自分の考えを持ち、一人前になってしまうんだ。
それはさみしくて、うれしくもあって、そんな母としての気持ちを一足先に花に見せてもらったよ。
覚悟必要だな^^
私は、花みたいに…なれるかな??なりたいな。。


娘は、長女の雪ちゃんに感情移入したよう。
雪ちゃんの告白シーンが一番心に残ったとのことだった。

二人でたくさん泣いた。
悲しみの涙じゃなくて、胸がいっぱいで涙があふれてくる。
エンディングに流れる主題歌「おかあさんの唄」がまた泣かせてくれるんだこれがf^^

映像も自然がとても美しく、音楽も心地よかった。

とてもとてもいい映画だった。
いつか娘が母になる時、この映画をもう一度観て欲しい。




映画の後はランチ☆
「今日は特別!なっちの食べたいもの何でもいいよ~^^」と言うと
選んだのはお寿司。。。回転じゃないとこ。。。
しかも、カウンター席選ぶ^^;
目の前には職人さん…普段食べ慣れないこの光景に私ちょっとキンチョ―^^;
なっちは超嬉しそう^^

私と同じにぎり定食(なっちはさび抜き)を選んで食べました。
なっちはお刺身全般全て大好き^^すしネタ嫌いなものはほとんどありません。
それはそれは美味しそうにほおばって、目の前の職人さんをにこにこ笑わせてました^^

やっぱり回転寿司とは全然違うわ~
シャリは口の中でふんわりほどけて、ネタは新鮮でとろけるぅ~~幸せ~♪

平日の昼間、こんなお寿司屋さんに入ってるお客さんも少なく^^;
子供なんてなっち一人。
わからないネタを「これは何ですか?」と聞いてみたり、職人さんとお話ししたり
私の緊張もだんだんほぐれて、楽しいランチになりました^^♪

こっそり出してくれたデザート^^嬉しかった♪

またいつか行きたいな^^特別な日にね^^


その後はなっちの夏のサンダルを買って、
来月遊びに行く岩手の祖父母へのお土産を買って、
ふらふら~っとショッピングを楽しんで、早めにともっちのお迎えに行きました^^

ともっち、朝見送った時は「お母さんとずっと一緒にいたい~~」って泣きながら別れたから
なっちとのデート中にもふと泣き顔を思い出したりもして、後ろめたい気持ちもあって、
心配だったけど、お迎えに行った時には満面の笑顔^^(いつもこう^^;)

私が思っている以上に、ともっちはちゃんとやれてるんだ!!
私が見ていないところでも、大きく成長してるんだね。

今日は本当にどうもありがとう。

マジックツリーハウス

22日の日曜日、子供たちと『マジックツリーハウス』を観に行ってきました!
12.1.23マジックツリーハウス
マジックツリーハウスを知ったのは昨年末の映画のCM.
おもしろそうで調べてみたら、原作本は今のなっちにちょうど良さそうだったので、
冬休みに1・2巻を購入。

なっちは「すごくおもしろかった!映画が見てみたい!」と言うので映画に行くことに^^

なっちの期待いっぱいの様子に私も息子もすごく楽しみでいたのですが…


あれれ?

なんかちょっと期待し過ぎてた???かな^^;

8歳の娘の感想は「海賊のシーンが面白かった!」
4歳の息子は「女の子(アニー)がとっても可愛くって好きになっちゃいそうだった♪」
確かに芦田愛菜ちゃんの声は胸キュンでした^^*

36歳の母の感想はと言いますと…心に残るものが何もなかった…
スバリ!すごく退屈だった。。。
宝探しもあっさり過ぎで謎解きなんかあったもんじゃないし、
ワクワク・ドキドキ感なんてまったく感じなかったな~~

この時点では私はまだ原作を読んでいなかったので、本当にこんな内容の原作が世界中の子供たちにうけているのだろうか…と不思議でしかたなかった。

帰宅して、その日のうちに原作を読んでみた。
ふ~むなるほど…原作はそれなりに面白い感じ。
いったいこの映画はどうしてこうなってしまったのか…
小さな子供向けにしてみたのかな??
それにしても、子供だってこんな内容じゃすぐ忘れちゃうよ。。。
主題歌だけは良かったので、この歌を聞いたらアニーの可愛い声は思い出すかも^^;


こういう物語なら、私の一押しは「エルマーのぼうけん」だな~!
今大人になって読んでも、子供のエルマーのすばらしい想像力や行動力に感心したり
面白おかしく難関を突破していく様子は今でも忘れられない。
一昨年、図書館で本を借りてなっちに読んで聞かせたけど、それはそれは楽しんでくれて、
読んでる私も途中でやめることができないほどだった。

マジックツリーハウスの最新刊はすでに31巻。
2巻まで買ってあるけど、続きはそれこそ図書館でいいわ…

次に買うならエルマーにしよう!と思ったのだった^^;
Theme: 映画感想 | Genre: 映画

『悪人』

昨日、地上波で映画『悪人』を観ました。

今日は気持ちが落ち込み気味です…
洗濯物を干してる時も掃除機をかけてる時も、映画の事を思い出しては涙がでました。

色々考えさせられました。

“悪人”とは何か。

人を殺めてしまった彼はもちろん悪人だけれど、
彼の心を大きく傷つけた彼女(殺されてしまった)も悪人でした。

誰だって、バカにされたら怒りの心を抱きます。
彼だって、殺すつもりがあって車で追いかけたわけじゃない。

ひどい行為を受けた彼女は、ひどい言葉で彼を傷つけた。

悪の心は感染し、そして膨らんでいくんだ。


人を傷つけず生きていくことは難しい。
私も悪人。
心ない言葉で相手を傷つけたことは何度とある。
逆に傷つけられたことだってある。

そういった経験が、この映画を辛く重く感じさせる。


愛する人に出会って、人を失う痛みを知り、
愛する人のために悪人になろうとした彼。

彼は殺人犯だけど、光代にとって(私にとっても)彼は悪人ではなかった。

誰をどう思うか、それは自分の心が決めること。
ただ、周りの意見で心はゆれ動く。

光代の心にある真実が、どうか変わらずにいてくれることを祈って。
Theme: 日本映画 | Genre: 映画

ノーカントリー

かな~り久々の映画の感想です^^;
最近はハンドメイドのことばかり書いてましたが、私には映画鑑賞という趣味もあったのですよ!実は!^^;
でもでもここのところハンドメイドで大忙しで映画を観る時間も持てませんでしたが^^;今少し落ち着いて映画を楽しむ余裕も持てるようになりました^^

旦那と知り合うきっかけともなった映画♪やっぱり映画は良いですね~~^^♪♪
そして今回とっってもいい映画を観たので、これは感想を載せなくては!と思い久々にブログに書くことにしました^^
かなりおススメな映画です!!

ノーカントリー』NO COUNTRY FOR OLD MEN
429460f4.jpg

ネタばればれの感想です☆

この映画にはそれはそれは恐ろしい殺し屋が出てきます。
人を殺すことになんのためらいもなく、それはもう普通に殺人を犯す。。。異常者です。
この部分だけみればまるでホラー映画;;

普段の私ならこんな異常な殺人鬼が出る映画なんて嫌で避けるんだけど、監督がコーエン兄弟ってことなので興味を持ちました。
実際観て見ると、“もう一度観たい!”と思えたほど!
それと言うのも非常に丁寧に作られていて、俳優軍の演技もとても素晴らしく、非常にいろんなことを考えさせられたから。

“意外なラスト!”と言われていますが、私はそんなに意外性は感じなかった。
良いラストだったと思います。
見終わった後、いろんな思いが渦巻いて、旦那とひたすら話し合いました。
意見はほぼ同じ。映画の感想だけは(?^^;)いつも同意見なんだよな~

殺し屋シガーのラスト。
事故など起こすはずもない、慎重な彼がなぜ交通事故を起こしたのか…
車の後ろを走る少年達を眺めるシガー。
あのカラスのように殺してしまうのか…と言う不安がよぎったものの…ただ眺めて、その不注意によって交通事故を起こす。
近寄ってきた少年達にシャツの代わりにお金を渡した行為…これは以前の彼にはなかったもの…たしかにこれは感謝の気持ちだよね…。
でもそれでも、彼は殺人をやめるわけではない。
あの後姿、きっとこれからも殺していくだろうなって思うけれど、、、今までのようにはきっといかない。
そのうち今回のように不注意によって命を落とすか、警察につかまってしまうだろうな…彼の人生はそう長くは続かないだろう、そんな風に思った。
彼がこうなってしまったのは、モスの奥さんカーラの命をかけた言葉が彼の頭に残ってしまったから…彼に疑問を持たせたんだよね。彼の行為に…人生に。
楽しそうにはしゃぎながら自転車で走る少年達を彼はどんな気持ちで眺めていたんだろう…

保安官・べルの夢の話。
正義を願いながら、諦めることを選んでしまったベル保安官。
夢の中で彼は父親の元にたどり着けなかったけれど、いつかたどり着けるかもしれない。
彼が諦めなければ!
保安官は辞めてしまったけれど、彼の人生が終わったわけじゃないもの…
諦めたらそこで終わり。。。それこそ一番いけないことなんだね。

旦那の意見によると「NO COUNTRY FOR OLD MEN」とは“老人のための故郷はない”と言うことらしい。
この場合COUNTRYは故郷と訳すのだと言っていた。
この世は常に新しい世代のもの…古い世代の人間の戻るところはない…そんな意味なんだね。


人生、諦めちゃいけないんだ!
大事なことをちゃんと次の世代に伝えていくこと、それが大事なんだ!!
そんな風に思わせてくれた。
怖がりな人にはおススメしにくいけど^^;今年観た映画の中で私のベスト1です!
おススメですよ~~^^!!
Theme: 映画感想 | Genre: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。