スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダーカレント

以前カミングアウトしましたが、私はマンガが大好きです。
実は私の母がマンガ好きで、小さい頃からマンガに囲まれて過ごしていました。
中学・高校時代が一番ハマった時期かな。少女漫画だろうが少年漫画だろうが面白ければなんでも読みました。
主婦となった今でもマンガを読まない日は無いです。もちろんそんなにいっぱい買ってるわけじゃないですよ~旦那と厳選して残してあるマンガを本棚から引っ張り出して。
大好きなマンガは何度読んでもおもしろいんですよね~~。映画と同じでその時の自分の置かれている状況によって感じ方もまた違ったりして楽しめる。
前にお話したとおり、旦那とは漫画・小説・映画の趣味はかなり似ているので、結婚した当時ダブっていたマンガを売りに行ったほど。
出合った時には同じ小説を読んでいました。ちなみに「レッド・ドラゴン」です。
今買っているマンガ雑誌は、
●旦那が以前から愛読してた「アフタヌーン」その後私も大ハマリ
●私が以前から愛読してた「コーラス」今は旦那も読んでる
●私の弟が読んでいたので読み始めた「ヤングジャンプ」習慣になってしまって今もやめられない

「アフタヌーン」は旦那と出会って初めて読みましたが、衝撃でした!
おもしろい!!こんなマンガ雑誌があったんだ!!と。
今買い集めているコミックはそのほとんどがアフタヌーンコミックスです。
「無限の住人」「げんしけん」「ヒストリエ」「エデン」「おおきく振りかぶって」「G組のG」・・・終わってしまったものの中では「なるたる」もあります。
そして一番最近買った1巻完結「アンダーカレント」
今回はその感想を書きたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。